校長挨拶


 

校長挨拶

「角田支援学校のホームページへ ようこそ」

 角田支援学校のホームページにようこそおいでくださいました。

 本校は,宮城県南部の角田市に位置し,角田市,白石市,大河原町,柴田町,村田町,丸森町,蔵王町,七ヶ宿町の2市6町に住んでいる知的障害のある子どもたちが学ぶ特別支援学校です。加えて白石市には,小学部と中学部の子どもたちが学ぶ白石校(分校)が設置されています。校内には,ほかの障害を併せ有する児童生徒も在籍し,様々な支援を受けながら障害に負けず,明るく精一杯学校生活を送っています。

本校は,昭和48年に角田市立枝野小学校はぐくみ学園分教室として開設され,昭和53年4月に光明養護学校角田分校となり,その後,昭和57年4月に宮城県立角田養護学校として独立開校いたしました。また,平成21年4月には校名を宮城県立角田支援学校と変更して現在に至っています。本校がある角田市島田御蔵林はその名のとおり,周囲を緑に囲まれ,遠くに蔵王の山並みを望むことのできる自然豊かな学校です。

さて,本校は今年度も,「教員の専門性,指導力の向上」をキーワードとして学校運営に取り組んでおります。その中心となるのは『現職教育の充実』です。OJTを取り入れた研修体制を充実させ,教員が互いに学びあいながらよりよい授業づくりのためステップアップを図るよう研修を進めていきたいと考えています。加えて,教員が一人一事例研究に取り組み,その実践の成果を児童生徒に還元できるよう校内共同研究を進めてまいります。今年度は,このような取組を中心に,児童生徒,保護者,そして地域の皆様に信頼をいただけるよう自覚と誇りをもって日々の仕事に当たっていく所存です。

角田支援学校には,「健康でたくましい体をつくる児童生徒(健康)」「自分のことは自分でする児童生徒(自立)」「進んで学習に取り組む児童生徒(学習)」「一生懸命に働く児童生徒(勤勉)」という4つの目指す児童生徒像があります。この教育目標の具現化のため,日々の教育活動に励んでまいりますので,保護者,地域,関係の皆様には,今年も多くのご協力,ご支援を賜りますようお願いいたします。

 なお,今年度もホームページをとおして,本校の教育活動の一端を紹介してまいりますので,ご高覧いただければ幸いです。

平成29年4月
宮城県立角田支援学校
校長 佐藤 文雄